面白みのない内容ですが

特撮の話を

私、どの界隈でも敵キャラを好きになっちゃう傾向があるんですよ。
(私にとって紫黒は友人たちに「珍しい」と言われてしまうほどのレアです)

で、Huluで見てたんですよビーファイター。
オープニングエンディングを聞くために。(知ってたのは続編のカブトの方だったんですが)
ビーファイターの敵側のデザインの細かさにうっとりしてしまいまして


そのビーファイターのシュヴァルツって敵キャラがいるんですけどね(本題)
あのデザイン私のハートに突き刺さったんですよ!!!
検索したらわかると思いますがマトリックスリローデットのツインズみたいなね。(ツインズも大好きなもので)
見た感じインテリな極悪キャラだと思って視聴したら
声が千葉繫さんのアドリブっぽさ抜群のキャラでちょっと思ってたのと違うと残念に思ってたんですが話進めると また良いキャラなんですよ!!!

中でも「兄貴はムキムキ」っていう
戦隊もののタイトルにしては????っていう回があるんですけど

内容は、シュヴァルツが作った同じ顔だけど体はムキムキの怪人が突如ビーファイターたちに向かって行った。
という内容です

ありきたりな内容ではあるのですが、シュヴァルツは死なない機械怪人。天涯孤独で独りぼっち。
そんな彼がムキムキの機械怪人を作りあげて「今日からお前は私のお兄ちゃんだ」というのですよ。
彼に作られたそのお兄ちゃん 言われるがままシュヴァルツのお兄ちゃんになるんですが
また弟想いの良いお兄ちゃん。シュヴァルツが困っているのを見て単身一人でビーファイターに向かって行ったんですがコテンパンにされて傷ついてそれでも自慢の弟の為に自爆までしてでも倒そうとするのです。

あくまでも敵キャラ。見てる私やビーファイター達も
自分で作った怪人だし見捨てるだろと思ってたんですが「自分も自爆する」とお兄ちゃんにしがみついて離れないんですよ…!!!
確実にシュヴァルツは兄として接しているわけです そこがもう良くって!とても感動してしまって…!ラストのナレーションもかなり良かった

弟じゃなくて兄を作るというのがまた良いですよね
お兄ちゃんが欲しかったんですシュヴァルツ。


簡単に紹介しましたが 吐き連ねたかったので…
とにもかくにも良い話でした
シュヴァルツのキャラは好きな人多いんじゃないでしょうか

あ、怪人デザインはマジレンジャーやギンガマンもおススメです
怪人デザイン資料集があれば買いたいですね…